クリント・イーストウッドの名言

クリント・イーストウッドのプロフィール

クリント・イーストウッド
書籍一覧

クリント・イーストウッド(Clinton Eastwood, Jr./1930年5月31日-/男性)は、アメリカ・カリフォルニア州出身の俳優映画監督。俳優として西部劇やアクション映画に多数出演し人気を博した人物であり、映画監督としてもアカデミー賞を受賞するなどハリウッドを代表する人物の一人。また政治活動家としても知られており、カリフォルニア州カーメル市の市長を務めた他、政治論争に積極的に意見を表明している。2007年にフランス政府から「レジオンドヌール勲章」、2009年に日本政府から「旭日中綬章」が授与された。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な出演作品・監督作品等に「荒野の用心棒」「華やかな魔女たち」「夕陽のガンマン」「アウトロー」「ダーティハリーシリーズ」「ガントレット」「荒野のストレンジャー」「ペイルライダー」「シティヒート」「ホワイトハンター ブラックハート」「許されざる者」「真夜中のサバナ」「マディソン郡の橋」「スペース・カウボーイ」「トゥルー・クライム」「ミスティック・リバー」「ブラッド・ワーク」「ミリオンダラー・ベイビー」「硫黄島からの手紙」「父親たちの星条旗」「チェンジリング」「ヒア アフター」「グラン・トリノ」「J・エドガー」など多数。

クリント・イーストウッドの名言集

思い通りにならないことがあっても、
一歩ずつ前に進めばいい。

悲観的見方は好きじゃない。
思い通りに行かなくても先へ進もう。

雨になると思ったら、
本当に雨が降るものなんだ。

天才に出会ったことなんて
一度もないよ。

天才っていうのは、
嫌いなことでも
得意な奴のことだからね。

好きなことなら
誰でも得意になれるんだ。

問題はそれを見つけられるか
どうかなんだ。

もし死後の世界があるとしたら、
それは間違いなくボーナスだよ。

ただ、僕はそのボーナスに頼ってしまう
危険性はあると思う。

生きている間に
できる限りベストのことを
やらないかもしれない
という点でね。

私たちは毎日
何かを学ばなければならない。

前に進むか
後戻りするかどちらかだ。
それなら前に進もうじゃないか。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る