矢沢永吉の名言

矢沢永吉のプロフィール

矢沢永吉
作品一覧

矢沢永吉(やざわ えいきち/1949年9月14日-/男性)は、広島県出身のロックミュージシャンボーカリスト。「永ちゃん」や「ボス」の愛称で親しまれるアーティストであり、熱狂的なファンを数多く抱えることでも知られている人物。高校卒業後に上京し音楽活動を開始。1972年にロックバンド「CAROL」を結成し、シングル「ルイジアンナ」でデビューを果たす。1975年の同バンドの解散後に「I LOVE YOU, OK」でソロデビュー。1977年に日本のロック・ソロアーティストとして初の日本武道館単独公演を敢行。発表作品のほぼ全曲の作曲を自身で手掛けている他、作詞を手掛けることもある。また、数々のCMや俳優として映画やドラマに出演することもあるが、音楽番組への出演は非常に少ない。主な樹立記録に「オリコンアルバムランキングベスト10入り最多記録」「オリコンDVDミュージック部門・最年長首位記録」「日本武道館最多公演記録」などがある。 (参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

矢沢永吉の名言集

ドアの向こうに夢があるなら、
ドアがあくまで叩き続けるんだ。

人生というのは、
失うものを増やしていく
ゲームなんだ。

てめぇの人生なんだから。
てめぇで走れ。

人間ていうのは、
必ずドアを叩かなきゃ
いけない時がくるのよ。

その時、叩くって
勇気いるよね、怖いしさ。

どうなるのかななんて思うけど
そこで分かれるよね。

叩く人間と
そうでない人間に・・・。

20代で苦労した者だけが、
30代で夢の世界を
見ることが出来る。

1のリスクしか無い事はしない、
10のリスクが有る事をする。
達成すれば10の成果が有る。

自分に合ってるかどうかが、
才能ってことだ。

俺はスターになって、
成り上がって金持ちになるほど、
幸せも大きくなると思っていた。

でもそれは違う。
会社員の幸せと矢沢の幸せは同じ。
それにやっと気づきました。

最近勝ち組とか負け組みとか
流行っているけど

スタート切っているかどうかが
僕は大事だと思うけどね。

何かやれるものを持っている
というのは幸せ。

言いたいのは、
それひとつだよ。

その生き方を
人のせいにしちゃダメだ。

年とるってのは
細胞が老けることであって
魂が老けることじゃない。

一回目、散々な目に遭う。
二回目、落としまえをつける。
三回目、余裕。

オレは、いま生きるのがつらい
って言っている人は、

やっぱり、どこかに自分の生き方を
自分で決められないって
背景があると思うんだ。

…かんじんなのは
手前の足で立つことなんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る