アントニオ猪木の名言

アントニオ猪木のプロフィール

アントニオ猪木
書籍一覧

アントニオ猪木(アントニオ いのき/1943年2月20日-/男性)は、神奈川県出身の元プロレスラー。 新日本プロレスの設立をはじめ、異種格闘技戦の実現など日本のプロレス・格闘技界に大きな影響を与えたことで知られる人物。 13歳の時に家族と共にブラジルへ渡り、農場で少年時代を過ごし、陸上競技選手(砲丸投げなど)として活躍。 1960年にサンパウロを訪れていた力道山にスカウトされ、そのまま日本へ帰国し日本プロレスに入団。 同年9月の大木金太郎戦でプロレスラーデビュー(敗戦)。当初は本名の猪木寛至名義で試合を行っっていたが、 先輩レスラーであった「豊登道春」に「アントニオ猪木」というリングネームを命名してもらう。 1972年に新日本プロレスを設立し、力道山亡き後のプロレス黄金時代を築いた。 また、異種格闘技路線への挑戦を続け、後年の総合格闘技の礎を築いている。 1989年には「スポーツを通じて国際平和」を合言葉に「スポーツ平和党」を結成し、第15回参議院議員通常選挙で当選。 日本史上初のレスラー出身の国会議員となる。 1998年に東京ドームで引退試合を行い、ドン・フライと対戦においてグラウンド・コブラツイストで勝利しレスラー時代に幕をおろしている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「元気があれば何でもできる!アントニオ猪木」「猪木詩集「馬鹿になれ」」「踏出力。 人間「アントニオ猪木」から何を学ぶのか」「俺の魂」「元気ですか!?ニッポン!! 日本を元気にする猪木の言葉」などがある。

アントニオ猪木の名言集

元気があれば、
何でもできる!

出る前に負けること考える
バカいるかよ!

道はどんなに険しくとも、
笑いながら歩こうぜ!

花が咲こうと咲くまいと、
生きていることが花なんだ。

子供に夢を持たせたければ、
大人こそ夢を持て。

迷わず行けよ。
行けばわかる。

踏み出せば、
その一足が道となる。

悩みながらたどり着いた結論は、
やはりトレーニングしかない。

朝起きたら、
まず水風呂に入れ!

私は毎日、
氷風呂に入ってる。

明日から即、
実行に移すように!

寝てたいヤツは
一日中寝ていろ!

そのかわり、やる以上は
ギネスブックの記録を作るぐらいの
覚悟でやれ!

アントニオ猪木の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る