遠藤周作の名言

遠藤周作のプロフィール

遠藤周作
著書一覧

遠藤周作(えんどう しゅうさく/1923年3月27日-1996年9月29日/男性)は、キリスト教を主題にした作品を多く発表した小説家随筆家、文芸評論家。批評家としての活動を経て、1955年に発表した小説「白い人」で芥川賞を受賞。第三の新人(第一次戦後派作家・第二次戦後派作家に続く世代)の一人として注目を集め、キリスト教を主題にした作品を数多く発表。1960年代に大病を患ってからは、町田市玉川学園に療養のために転居し、「狐狸庵山人(こりあんさんじん)」の雅号で、ぐうたらを軸にしたユーモアに富むエッセイも多く手掛けた。また、海外から高い評価を獲得している日本人小説家の一人でもあり、イギリスの小説家「グレアム・グリーン」の熱烈な支持を受けていたほか、ノーベル文学賞候補にも名があがっていたとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「深い河」「侍」「沈黙」「海と毒薬」「白い人」「わたしが・棄てた・女」「どっこいショ」「死海のほとり」「メナム河の日本人」「悲しみの歌」「王妃 マリー・アントワネット」「女の一生」「スキャンダル」「王の挽歌」「生き上手 死に上手」「考えすぎ人間」「変るものと変らぬもの」「春は馬車に乗って」「あまのじゃく人間へ」「妖女のごとく」「あなたの中の秘密のあなた」「心の夜想曲」「生きる学校」「私の愛した小説」「足のむくまま 気のむくまま」「僕のコーヒーブレイク」「ぐうたら社会学」「日本人はキリスト教を信じられるか」「勇気ある言葉」「ぼくたちの洋行」「ぐうたら好奇学」「狐狸庵雑記帳」「母なるもの」「石の声」など多数。

遠藤周作の名言集

人間はみんなが、美しくて
強い存在だとは限らないよ。

生まれつき臆病な人もいる。
弱い性格の者もいる。
メソメソした心の持ち主もいる…

けれどもね、そんな弱い、臆病な男が
自分の弱さを背負いながら、
一生懸命美しく生きようとするのは
立派だよ。

病気はたしかに
生活上の挫折であり失敗である。

しかしそれは必ずしも
人生上の挫折とは言えないのだ。

今の若い世代に
もっとも欠けているのは
「屈辱感に耐える」訓練である。

この訓練が行われないで、
そのまま社会から
大人あつかいにされると、

おのれのすること、なすことは
すべて正しいと思うようになる。

一人の人間には
その運命と人生とを決するような時が、
生涯一度は必ずあるものであり、

それを乗り切った瞬間、
彼の未来は全面的に変わるものだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る