サミュエル・スマイルズの名言 第2集

サミュエル・スマイルズの名言2

サミュエル・スマイルズ
書籍一覧

「西国立志編」(自助論)の著者として知られるイギリスの作家「サミュエル・スマイルズ」の名言 第2集をお楽しみください。

サミュエル・スマイルズの名言集

成功の秘訣は、
目的の一定不変にある。

怠惰な人間、目的もなく
ぶらぶらしている人間には、
どんな幸運も意味を持たない。

たいして力のない人でも、
1つのことに
全力でねばり強く取り組めば、
大きな成果が得られる。

幸福でさえ
習慣として身につけられる。

世の中には、
ものごとの明るい面を見ようとする
性格の人もいれば、

暗い面ばかりに
目を向ける人もいる。

失った富は努力によって、
失った知識は勉学によって、

失った健康は節制することや
医療によって取り戻せるが、

失った時間は
永久に失われたままだ。

家庭は一番最初の、
しかも一番重要な
品性の学校である。

楽天性を育て上げる教育は、
知識や素養を
めいっぱい詰め込むより、

はるかに重要な教育
といえるだろう。

作物を刈り取るには、
まず種をまかなくてはならない。

その後は、
収穫の時期がくるのを、
忍耐強く
待ちつづける必要がある。

真の礼節を知る人間は、
他人の意見にもよく耳を傾ける。

多くを成し遂げる最短の方法は、
一度にひとつずつ
片づけていくことだ。

英知の9割は、
快活さと勤勉である。

人生の最大の楽しみは、
絶えず明るい気持ちで、
きびきびと働くことだ。

勤勉さと謙虚さを
兼ね備えた人物に

乗り越えられない壁など
ないのです。

真の教養とは、
独学で身につけるものなのです。

われわれ一人一人が勤勉に働き、
活力と正直な心を失わない限り、
社会は進歩する。

反対に、怠惰とエゴイズム、
悪徳が国民の間にはびこれば
社会は荒廃する。

サミュエル・スマイルズの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る