ポール・アーデンの名言

ポール・アーデンのプロフィール

ポール・アーデン
著書一覧

ポール・アーデン(Paul Arden/1940年4月7日-2008年4月2日/男性)は、イギリスで活躍した広告クリエイター自己啓発作家。ブリティッシュ・エアウェイズ、インターシティ、トヨタ、フジカラーなど多数の広告を手掛け、天才クリエイターとして業界で大きな注目を集めた人物。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「PLAY・JOB (プレイ・ジョブ) 」「大事なのは今のあなたじゃない。この先、どのくらい上を目指そうと思っているかだ。」などがある。

ポール・アーデンの名言集

安全策をとっていても
仕方がない。

先行きの予測がつくことばかり
やっていても、
退屈な結果が待っているだけだ。

一度でいいから勇気を出して
「保証のない選択」をしてみるんだ。

そうすれば、これまでの常識では
考えられなかったことが
選択肢に入ってくる。

これまで誰もできなかった
決断をしてみよう。

誰もが夢でしか見たことのない
場所にたどりつくには、
それしかない。

これまであなたが
人生で選んできたものは、

それしか選ぶことが
できなかったにすぎない。

どこに後悔する余地が
あるっていうんだい?

ジョージ・バーナードは言った。
常識的な人間は、
世界に自分を合わせようとする。

非常識な人間は、
世界を自分に合わせようとする。

だから人類の進化はすべて、
非常識な人間の力にかかっている。

自分の人生が
どこに行き着くのか。

それが知りたいのならば、
自分がどこに向かっているかを
知る必要がある。

あまりにも多くの人間が、
準備に時間をかけすぎている。

実際にやる前から、
すべてを完璧にしよう
としすぎているんだ。

待つ必要なんてない。
動き出すんだ。

よくわかっていない
状態のままでいい。

準備は走りながら
すればいいんだから。

どうせ、エゴは
どうやってもかくせないんだ。

だったら無理に隠さないで、
うまく利用すればいいじゃないか。

これまでに聞いた
最高のアドバイスは、
「驚かしてごらん」だ。

この言葉を心に刻んでしまうと、
もうどうやっても創造的に
ならざるを得ない。

常識になっている意見に
立ち向かう度胸。
それがあなたを勝者にする。

DON’T GO TO UNIVERSITY.
迷うな。

GO TO WORK.
働け。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る