夏目漱石の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

夏目漱石のプロフィール

夏目漱石
著書一覧

夏目漱石(なつめ そうせき/1867年2月9日-1916年12月9日/男性)は、江戸・牛込馬場下横町出身の小説家評論家英文学者。本名は「金之助」(きんのすけ)。『吾輩は猫である』『坊っちゃん』『草枕』『こゝろ』などの作者として広く知られる人物であり、森鴎外らと共に明治・大正時代を代表する文豪の一人。帝国大学(現在の東京大学)英文科を卒業後、中学校教師や高等学校教授などを務めた後、イギリスへ留学。帰国後、東京帝国大学講師を勤めながら、「吾輩は猫である」を雑誌『ホトトギス』に発表し、高い評価を獲得。その後、朝日新聞社に入社し本格的に職業作家として作品発表を行った。門下生には、芥川龍之介、安倍能成、小宮豊隆、鈴木三重吉、森田草平、久米正雄、寺田寅彦、赤木桁平、内田百間、中勘助、松浦嘉一、野上豊一郎、松岡譲、和辻哲郎などが名を連ねている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「草枕」「虞美人草」「坑夫」「三四郎」「門」「こゝろ」「琴のそら音」「倫敦塔」「夢十夜」「文鳥」「硝子戸の中」「永日小品」「二百十日」「野分」「それから」「彼岸過迄」「行人」「道草」「明暗」などがある。

夏目漱石の名言集

人間の目的は、
生まれた本人が、

本人自身に
つくったもので
なければならない。

前後を切断せよ、
満身の力をこめて
現在に働け。

君、弱い事を
言ってはいけない。

僕も弱い男だが、
弱いなりに
死ぬまでやるのである。

のんきと見える人々も、
心の底をたたいてみると、
どこか悲しい音がする。

あせってはいけません。
ただ、牛のように、

図々しく進んで行くのが
大事です。

あなたが今
まく種はやがて、

あなたの未来となって
現れる。

古い道徳を破壊することは、
新しい道徳を建立する時にだけ、
許されるです。

あせってはいけません。
頭を悪くしてはいけません。
根気ずくでおいでなさい。

世の中は根気の前に
頭を下げる事を知っていますか。

花火の前には
一瞬の記憶しか与えてくれません。

うんうん死ぬまで押すのです。
それだけです。

恐れてはいけません。
暗いものを凝って見詰めて、

その中から
貴方の参考になるものを
おつかみなさい。

人間はね、
自分が困らない程度内で、

なるべく人に
親切にしてみたいものだ。

みだりに過去に
執着するなかれ、

いたずらに将来に
望を属するなかれ、

渾身の力を込めて
現在に働けというのが、
私の主義なのである。

人間は自分の力も
自分で試してみないうちは
分かりません。

握力などは
一分でためすことができるが、

自分の忍耐力や
文学上の力や強情の度合などは、

やれるだけやってみないと、
自分で自分に
見当のつかないものなのです。

死ぬまで進歩するつもりで
やればいいではないか。

作に対したら一生懸命に
自分のあらんかぎりの力を
つくしてやればいいではないか。

後悔は結構だが、
これは自己の芸術的良心
に対しての話で、

世間の批評家やなにかに対して
後悔する必要はあるまい。

自由な書を読み、
自由な事を言ひ、
自由な事を書かんことを
希望いたし喉。

職業というものは要するに、
人のためにするものだ

ということに、
どうしても根本義を
置かなければなりません。

人のためにする結果が
己のためになるのだから、
元はどうしても他人本位である。

すでに他人本位であるからには
種類の選択分量の多少すべて、
他を目安にして働かなければならない。

夏目漱石の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


バックナンバー


▲ページトップに戻る