小泉信三の名言

小泉信三のプロフィール

小泉信三
書籍一覧

小泉信三(こいずみ しんぞう/1888年5月4日-1966年5月11日/男性)は、東京府出身の経済学者。東宮御教育常時参与として皇太子殿下(今上天皇)の教育責任者を務めたほか、慶應義塾長などを歴任した人物。父は慶應義塾長や横浜正金銀行支配人を務めた旧紀州藩士「小泉信吉」。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「私の履歴書 小泉信三」「わが日常 自選随筆」「座談おぼえ書き」「この一年」「十日十話」「小泉信三選集」「この一年」「外遊日記」「國を思ふ心」「初學經濟原論」「平和論」「文学と経済学」「今の日本」「大学生活」「社会思想史研究」「アメリカ紀行」「師・友・書籍」「支那事變と日清戰爭」「アダム・スミス、マルサス、リカアドオ 正統派經濟學研究」「学窓雑記」「近世社會思想史大要」「社會組織の經濟理論的批評」などがある。

小泉信三の名言集

人生において、
万巻の書をよむより、

優れた人物に
一人でも多く会うほうが
どれだけ勉強になるか。

百冊の本を読むより、
百人の人物に会え。

練習は
不可能を可能にする。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る