五木寛之の名言

五木寛之のプロフィール

五木寛之
著書一覧

五木寛之(いつき ひろゆき/1932年9月30日-/男性)は、日本(生まれは福岡県/生後まもなく朝鮮半島に渡る)の小説家エッセイスト評論家作詞家。旧姓は松延(まつのぶ)。文筆家(小説家・放送作家)や作詞家など幅広い活動を行っている人物であり、1967年に『蒼ざめた馬を見よ』で第56回直木賞を受賞。1968年に刊行した『風に吹かれて』は2001年時点で累計460万部を突破する大ベストセラーを記録。その他にも名著として知られる「かもめのジョナサン」(著:リチャード・バック)の翻訳や長寿連載エッセイ『流されゆく日々』(日刊ゲンダイ)でも知られている。また作詞家として「青年は荒野をめざす」(ザ・フォーク・クルセダーズ)、「金沢望郷歌」(松原健之)、「愛の水中花」(松坂慶子)、「旅の終りに」(冠二郎)、清酒「日本盛」CMソング、「日石灯油」CMソングなどを手掛けている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(小説)に「親鸞 上・下」「旅の終りに」「サイレント・ラブ」「ステッセルのピアノ」「蓮如物語」「ワルシャワの燕たち」「晴れた日には鏡をわすれて」「金沢望郷歌」「野火子の冒険」「雨の日には車をみがいて」「奇妙な味の物語」「大人の時間」「フランチェスカの鐘」「ガウディの夏」「朱夏の女たち」「旅の幻灯」「哀しみの女」「冬のひまわり」「メルセデスの伝説」「夜明けのタンゴ」「風の王国」「水中花」「日ノ影村の一族」「風花のひと」「遥かなるカミニト」「燃える秋」「海峡物語」「スペインの墓標」「戒厳令の夜」「箱舟の去ったあと」「にっぽん退屈党」「わが憎しみのイカロス」「夜のドンキホーテ」「四月の海賊たち」「にっぽん三銃士」「ユニコーンの旅」など多数。

五木寛之の名言集

味わう、
ということは、

どんなささやかなことでも、
宝石に変えてしまう
不思議な体験です。

私たちは、
よろこびをもって生きたい。

それを待っているだけではなく、
自分からさがし出すことに
慣れなければならない。

どんなにつまらないことで
あってもいい、
それをきょう一日の収穫として
大事にしたい。

<よろこび上手>こそ、
苦しい世に生きていく知恵なのだ、
とぼくは自分の体験から思うのです。

世の中に、
自分で試してみないで

わかることなんか、
ひとつも無い。

人生の目的は、
「自分の人生の目的」を
探すことである。

一日に一回、
どんなことがあってもよろこぶ。
そう決心しました。

私たちは、まず、
自己を肯定するところから
出発したほうがいいようです。

自己を肯定し、
自己を認めてやり、

自己をはげまし、
よろこばせること。
それが必要ではないか。

大事なことは何か。
なにごとによらず、
一つずつの行為を

十分にあじわいながら、
その一瞬を大切に過ごすこと。

それがいま、
特に大切に思われて
ならないことなのです。

人間は誰でも
自分がいちばん大切なのです。

そして、そのことを
ほんとうに自覚した人間だけが、

自然なかたちで
他人を大切に思うことができる。

人間これ
という一つに打ちこんだら、
驚くほどのことができる。

楽しいことは長続きする。
好きなことは長続きする。
気持ちのいいことは長続きする。

そうでないことは、
どんなに強制されても
結局は続かない。

五木寛之の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る