哀川翔の名言

哀川翔のプロフィール

哀川翔
書籍一覧

哀川翔(あいかわ しょう/1961年5月24日-/男性)は、徳島県徳島市出身の俳優タレント歌手。俳優として「竹内 力(たけうち りき)」と共に「Vシネマの帝王」と称される人物。路上パフォーマンス集団「劇男一世風靡」に所属し、「一世風靡セピア」として1984年6月に『前略、道の上より』でレコードデビュー。1986年に『青の情景』でソロデビュー。1988年にTBS系テレビドラマ『とんぼ』で俳優としても頭角を現し、1990年にはVシネマ『ネオ・チンピラ・鉄砲玉ぴゅ~』、映画『獅子王たちの夏』の主役に抜擢。1995年に「あいかわ翔」名義で監督デビュー。その後、内村光良との共演をきっかけにバラエティ番組への出演も増え、タレントとしても活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「俺、不良品」「百本締め」「翔、曰く」「翔、曰く EXCITING」「SHOW LONELY RIVER 」「早起きは3億の徳」などがある。

哀川翔の名言集

凡人が世の中で勝つには、
とにかく何も考えずに
やるしかないんですよ。

挫折をしないためには、
やり続ける事。

限界ギリギリで一日を終えて、
ベットに入ったときのあの幸せ感は、
他にはないですね。

「やる」と言ったからには、
やるしかないんです。

しっぽ丸めて引き下がるか、
どんどん食らいついていくか、
どっちかしかないわけ。

ひたすら、
前に進めばいいんです。

やってもいないのに、
「出来ない」とか言うわけ?

仕事は来た順。
だってそれが誠意でしょ。

結局、やり続けた奴が、
勝ちでしょう。

意見を言うときには
角度が大事ってことだよ。

どの角度がいいかっていうのは、
相手の話をキッチリ聞くことで分かる。

哀川翔の名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る