川端康成の名言

川端康成のプロフィール

川端康成
著書一覧

川端康成(かわばた やすなり/1899年6月14日-1972年4月16日/男性)は、大阪府出身の小説家。『伊豆の踊子』の作者として知られる人物であり、新感覚派の代表的作家として活躍。「今日に至るまで日本でもっとも美しい文章を書いた作家」と紹介されることもあり、近現代日本文学の頂点に立つ作家の一人に数えられる事も多い。1959年にゲーテメダル、1960年に芸術文化勲章(フランス)、1961年に文化勲章、1968年にノーベル文学賞を受賞。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に『伊豆の踊子』(1926年)、『禽獣』(1933年)、『末期の眼』(1933年、随筆)、『雪国』(1935年 – 1948年)、『千羽鶴』(1949年)、『山の音』(1954年)、『眠れる美女』(1961年)、『古都』(1962年)などがある。

川端康成の名言集

一生の間に一人の人間でも
幸福にすることが出来れば、
自分の幸福なのだ。

(短編小説集「掌の小説」より
「一人の幸福」の一節)

死んだ時に
人を悲しませないのが、
人間最高の美徳さ。

騙されないで
人を愛そう 愛されようなんて
ずいぶん虫のいいことだ

僕は生きている方に
味方するね。

きっと人生だって、
生きている方に味方するよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る