荘子の名言

荘子のプロフィール

荘子
書籍一覧

荘子(そうし/紀元前369年-紀元前286年 ※推定)は、中国・戦国時代の宋国の思想家、道教の始祖の一人。中国古典『荘子』(そうじ)の著者とされている人物であり、同書の構成の内篇七篇・外篇十五篇・雑篇十一篇の内、内篇だけが荘子本人による記述、その他は弟子や後世の人による記述とされている(異説もあり)。「無為自然」を基本とし、「人為」を忌み嫌うという思想が特長的な人物でもあり、荘子の思想を表す代表的な説話としては「胡蝶の夢」が特に有名。(「胡蝶の夢」の概要…蝶になった夢を見て、おおいに楽しんだ後、目を覚ます。はたして夢を見て蝶になっていたのか、蝶が夢を見て今の自分があるのだろうか。)(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

荘子の名言集

力が足りない者が、
物事を偽り、

知識の足りない者が、
他人を欺く。

そして、財の足りない者が、
盗みをはたらく。


<原文>

力足らざれば偽り、
知足らざれば欺き、
財足らざれば盗む。

自分の愚かさを
知っている者は、
大愚ではない。

また、自分の心の惑いを
分かっている者も、
大惑とは違う。

大愚なる者は、
自身の愚かさに気付かず、

大惑なる者は、
自身が惑っていることにさえ
気付かない。


<原文>

其の愚を知る者は、
大愚にあらざるなり。

其の惑を知る者は、
大惑にあらざるなり。

大惑なる者は終身解せず、
大愚なの者は終身霊ならず。

過ぎ去ったことは、
くよくよと悩んだりしないこと。

先のことをあれこれ考えて、
取り越し苦労をしないこと。

事が来ればそれに応じて、
最善を尽くして臨むこと。

その結果を淡々と受け止め、
心に留めないこと。


<原文>

将ラズ、迎エズ、
応ジテ而シテ蔵メズ

人間がこの地上に
立つために必要なのは
足をおく余地だけだが、

その余地以外を
ぜんぶ奈落にまでつづく
空間にしてしまったら、
地面としての役に立つだろうか。

立たないではないか。
無用がじつは用の足しになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る