赤塚不二夫の名言

赤塚不二夫のプロフィール

赤塚不二夫
著書一覧

赤塚不二夫(あかつか ふじお/1935年9月14日-2008年8月2日/男性)は、『天才バカボン』や『ひみつのアッコちゃん』などの作者として知られる漫画家。本名は「赤塚藤雄」。小学5年生の頃に読んだ手塚治虫の『ロストワールド』をきっかけに漫画家になることを決意。中学校を卒業後、看板屋や化学薬品工場で働きながら漫画を描き、石森章太郎が主宰する「東日本漫画研究会」制作の肉筆回覧誌「墨汁一滴」に参加。1956年に描き下ろし単行本『嵐をこえて』で漫画家デビュー。1962年に『週刊少年サンデー』で「おそ松くん」、『りぼん』で「ひみつのアッコちゃん」の連載を開始し、一躍人気作家となり、1964年には、『おそ松くん』で第10回小学館漫画賞を受賞。1967年に『週刊少年マガジン』で「天才バカボン」を発表し、天才ギャグ作家として大きな注目を集めた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品に「天才バカボン」「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「おそ松くん」「へんな子ちゃん」「ホームラン教室」「風のカラッペ」「レッツラゴン」「嵐をこえて」など多数。

赤塚不二夫の名言集

自分が最低だと
思っていればいいのよ。

一番劣ると
思っていればいいの。

そしたらね、
みんなの言っていることが
ちゃんと頭に入ってくる。

自分が偉いと思っていると、
他人は何も言ってくれない。

そしたらダメなんだよ。
てめぇが一番バカになればいいの。

バカボンのパパってさ、
別にラクして生きてる
わけじゃないんだよ。

どうすれば家族を
幸せにできるかを考えながら
一生懸命ガンバってるわけ。

そのためには
体ごとぶつかっていってる。

バカっていうのは
自分がハダカになることなんだよ。

世の中のいろんな常識を無視して、
純粋な自分だけのものの見方や
生き方を押し通すことなんだよ。

だから、バカだからこそ
語れる真実っていっぱいあるんだ。

ただバカっつったって、
ホントのパカじゃ
ダメなんだからな。

知性とパイオニア精神にあふれた
バカになんなきゃいけないの。

懸命に夢を見て、
その夢を紙の上に
実際に描かなきゃならない。

頭のいいヤツは、
わかりやすく話す。

頭の悪いヤツほど、
難しく話すんだよ。

ひとりで考え、
ひとりで素晴らしい作品を
生み出す人なんて
そんなにいやしないよ。

天才には必ず
その天分を引き出す人間がいて、
そいつのほうがもっとずっと
天才だったりするんだ。

小学校6年の時に
手塚治虫先生の
『ロスト・ワールド』に出会って
マンガ家になろうと決めて、

栄養失調になっても
それを貫いてきた。

60才を過ぎた男がね、
「死ぬのが怖い」
と言っちゃダメだって。

それまでの人生、
何をやって来たんだ
と言うことでしょ?

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る