ホーベルクの名言

ホーベルクのプロフィール

アントン・フォン・ホーベルク=ブーフヴァルト(Anton Freiherr von Hohberg und Buchwald/1885年9月21日-1934年7月2日/男性)は、政治活動家としても活躍したドイツの貴族、軍人。ドイツ帝国陸軍に騎兵将校として仕え、退官後に国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス党)に入党。東プロイセンの親衛隊指導者エーリヒ・フォン・デム・バッハ=ツェレウスキーの副官を務めた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ホーベルクの名言集

自分で経営し、
金に携わるから、
金のほんとうの価値がわかる。

どうすれば豊かになれるか、
なぜ貧しくなるのかが
わかってくると、
とても感情論にはならない。

金銭を幸福・不幸の
基準ではなく、
世の中のしくみのひとつとして
とらえることができるように
なるからだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る