菊池寛の名言

菊池寛のプロフィール

菊池寛
書籍一覧

菊池寛(きくち かん/1888年12月26日-1948年3月6日/男性)は、香川県高松市出身の小説家劇作家ジャーナリスト。本名は「菊池寛」(きくち ひろし)。京都帝国大学文学部英文学科を卒業後、時事新報社会部記者を経て、小説家に転身。『父帰る』(1917年)、『忠直卿行状記』(1918年)、『恩讐の彼方に』(1919年)、『真珠夫人』(1920年)などの作品で高い評価を獲得し、1923年には私費で雑誌『文藝春秋』を創刊。その後、芥川賞や直木賞を設立した他、文藝春秋社を創設。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「父帰る」「忠直卿行状記」「恩讐の彼方に」「真珠夫人」「第二の接吻」「慈悲心鳥」「形」「下足番」「葬式に行かぬ訳」「貞操問答」「無憂華夫人」「西住戦車長伝」「藤十郎の恋」「蘭学事始」「無名作家の日記」「屋上の狂人」などがある。

菊池寛の名言集

人生は一局の将棋なり、
指し直す能わず。

(指し直す能わず…指し直すことはできない)

人間は生きている間に、
充分仕事もし、
充分生活もたのしんで置けば、

安心して死なれる
のではないかと思う。

不幸のほとんどは、
金でかたづけられる。

約束は必ず守りたい。
人間が約束を守らなくなると
社会生活はできなくなるからだ。

人生のどんな隅にも、
どんなつまらなそうな境遇にも、
やっぱり望みはあるのだ。

来世に希望をつなぐ
信仰などよりも、

現世をよく生きたということが、
安心の種になるのでは
ないかと思う。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る