ジョナサン・スウィフトの名言

ジョナサン・スウィフトのプロフィール

ジョナサン・スウィフト
書籍一覧

ジョナサン・スウィフト(Jonathan Swift/1667年11月30日-1745年10月19日/男性)は、『ガリヴァー旅行記』の作者として著名な作家随筆家詩人司祭。政治パンフレット作者としても活躍した。諷刺作家として世界的に知られている人物ではあるものの、詩作のほうはそれほど知られていないとのこと。また、アイルランドの10ポンド紙幣(1976年-)にジョナサン・スウィフトの肖像が使用されていた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(散文作品)に「ガリヴァー旅行記/1726年」「気取った巧みな会話の全集/1738年」「ホイッグ党の公共心/1714年」「英語の修正/1712年」「同盟国の行為/1711年」「試験官/1710年」「ビッカースタッフ/パートリッジ紙/1708年」「英国国教会人の感傷/1708年」「英国国教会人の感傷/1708年」「私が年老いた時/1699年」「書物合戦/書物戦争/1697年」「桶物語/1696年」などがある。

ジョナサン・スウィフトの名言集

賢者はその頭に金銭を有するも、
その心に金銭を有せず。

問題は、繁栄と健康に恵まれて
血気盛んな青春の日々を、
永久におくることを願うかどうか、
ではなく、

老齢となれば必ずつき纏う
さまざまな不幸のさなかにあって、
長寿をどう生き抜いてゆくか、
である。

なぜなら、
そういった老齢につきものの、
惨憺たる情況に陥ってもなお、

不死でありたいと望む者は
まずいないからである。

どんな大事件も、
その起こりは大河の源のごとく
些細なことに起因する。

ありていに言えば、
現在に生きる者はごく少ない。

誰もが、現在以外の時を
生きようとしてしまう。

過去の過ちを認めるのを
恥じてはならない。

それは、昨日より今日のほうが
賢くなった証なのだから。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る