久保田万太郎の名言

久保田万太郎のプロフィール

久保田万太郎
書籍一覧

久保田万太郎(くぼた まんたろう/1889年11月7日-1963年5月6日/男性)は、東京府東京市出身の俳人小説家劇作家。大正から昭和にかけて活躍した人物であり、伝統的な江戸言葉を駆使して下町情緒と古典落語を愛し、滅びゆく下町の人情を描いたことで知られる。俳号は暮雨、傘雨。筆名は千野菊次郎。1957年に文化勲章、1963年に従三位勲一等瑞宝章を授章。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書・戯曲

主な著書・戯曲に「末枯」「大寺学校」「三の酉」「北風のくれたテーブルかけ」「いまはむかし」「町の音」「これやこの」「水の匂」「枯菊抄」「八重一重」「一に十二をかけるのと十二に一をかけるのと」「さんうてい」「釣堀にて」「可哀想な彼女・引越しのこと・萩」「わかれじも」「夜光虫」「月あかり・町中」「海酸漿」「心ごころ」「雨後」「暮れがた・月夜」「九月〔カヤ〕」「三筋町より」「あきくさばなし」「浅草物語」「ふくろと子供」など多数。

久保田万太郎の名言集

人間、馬鹿は構いません。
だが、義理を知らないのは
いけません。

地道にして稼いでいれば
何時か一度はきっと、
またいい時が来ますよ。

自分に苦労すると、
やっぱり、
人のいたわりが違います。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る