飯塚祐司の名言

飯塚祐司のプロフィール

飯塚祐司(いいづか ゆうじ/1974年5月17日-/男性)は、北海道出身の元アイスホッケー選手指導者。北海道釧路工業高等学校卒業後に王子製紙に入社。アイスホッケー選手として日本リーグでプレーし、現役引退後は指導者に転身する。2008年に男子U-20日本代表コーチを務めた後、アイスホッケー女子日本代表監督に就任。女子日本代表を率い、アジア大会では準優勝を収め、2010年バンクーバーオリンピック世界最終予選では出場権を逸したものの、雪辱を賭けて臨んだ2014年ソチオリンピック世界最終予選では、1998年長野オリンピック以来のオリンピック出場権を獲得した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PRESIDENT Online)

飯塚祐司の名言集

僕はいい習慣を
身につけることなく、
ホッケーを辞めてしまった
人間ですけど、

いろんないい選手を見ていると、
きっちりした習慣を
身につけているのです。

例えば、朝しっかり起きるとか、
ごはんを食べるとか、
しっかり仕事をするとか。

そういうこともしっかりしないと、
パフォーマンスは雑になる。

大事なことは、チームのため、
犠牲を払えるのかどうかです。

日の丸を背負っている以上、
チームのために戦えない選手は、
ダメでしょう。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る