東野圭吾の名言

東野圭吾のプロフィール

東野圭吾
著書一覧

東野圭吾(ひがしの けいご/1958年2月4日-/男性)は、大阪府大阪市出身の小説家。高校2年生の時にふとしたきっかけで読んだ『アルキメデスは手を汚さない』(著:小峰元)で推理小説にはまり、やがて自身でも推理小説を書き始めるようになる。大学卒業後は日本電装株式会社(後のデンソー)で技術者として勤務しながら、推理小説を書き続け、1985年に『放課後』で第31回江戸川乱歩賞を受賞。翌年に退職し、専業作家に転身。作家デビュー後は、文学賞に15回も落選するなど厳しい時代が続くが、1996年に『名探偵の掟』でにわかに注目を集め、1998年に『秘密』で一気に大ブレイク。2006年には『容疑者Xの献身』で第134回直木賞を受賞した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

作品

主な作品(小説)に「加賀恭一郎シリーズ」「ガリレオシリーズ」「天下一大五郎シリーズ」「浪花少年探偵団シリーズ」「○笑小説シリーズ」「秘密」「白夜行」「流星の絆」「ナミヤ雑貨店の奇蹟」「マスカレード・ホテル」「プラチナデータ」「ダイイング・アイ」「夜明けの街で」「使命と魂のリミット」「さまよう刃」「レイクサイド」など多数。

東野圭吾の名言集

人は時に、
健気に生きているだけで、
誰かを救っていることがある。

生き抜こうとしない者には
奇跡なんか起きないと思え

あることを
証明しようとする時、

可能だということを
証明するのより、

不可能だということを
証明する方が
はるかに困難なのだそうだ。

人間はいくらがんばってみても、
精神集中を何分間も
続けられるものじゃあない。

集中しているつもりでも、
実は短いサイクルで
集中と散漫をくり返しているんだ。

集中が続いた後には
必ず散漫が来る。

その時に攻撃をしかけようとしたり、
逆に攻撃されたりしたら
どうしても甘さが出る。

そこで必要なのは、
常に精神集中をしよう
とするのではなく、

いつでも集中できる準備状態に
自分をコントロールする
ということだ。

すなわちそれが
脱力ということだ。

失敗を教訓にしていれば、
いつかは夢もかなう。

幸運を得たいのならば、
まず自分の出来る
最大限の努力をしろ
ということだ。

そのうえで
俺は結果を受け入れる。

行き着く先には
死しかないということなら、
その時初めて俺は観念する。
しかしそれまでは諦めない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る