ロバート・フロストの名言

ロバート・フロストのプロフィール

ロバート・フロスト
書籍一覧

ロバート・フロスト(Robert Lee Frost/1874年3月26日-1963年1月29日/男性)は、アメリカ・カリフォルニア州出身の詩人ピューリッツァー賞を4度受賞するなど生前から高い評価を獲得していた人物であり、ニューイングランドの農村生活を題材に哲学や社会的テーマの作品を数多く発表した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著作

主な詩集に「A Further Range」「The Poetry of Robert Frost」「In the Clearing」「You Come Too」「North of Boston」「A Boy’s Will」「Selected Poems」「Mountain Interval」「Several Short Poems」「New Hampshire」「Three Poems」「The Gold Hesperidee」「A Witness Tree」「A Further Range」「Collected Poems of Robert Frost」「Selected Poems」「West-Running Brook」「The Lovely Shall Be Choosers」「Hard Not To Be King」「Selected Poems: Third Edition」「The Lone Striker」「From Snow to Snow」などがある。

ロバート・フロストの名言集

人付き合いがうまいというのは、
人を許せるということだ。

人生で学んだすべてを
私は3語にまとめられる。

それは
「何があっても人生には続きがある」
(it goes on)
ということだ。

家とは、あなたが
帰らなければならない時に、
受け入れてくれる場所である。

「行かなかった道」
(THE ROAD NOT TAKEN)

森の中で道が二つに分かれていた
残念だが両方の道を
進むわけにはいかない

長い間立ち止まって
私は一方の道を眺めていた

その先は折れており、
草むらの中に消えている

それからもう一方の道を眺めた
一見同じようだが
私の心はこちらのほうを選んだ

なぜならこちらの道は
草がぼうぼうで
誰かが通るのを待っていたからだ

いま深いためいきとともに
私はこれを告げる

ずっとずっと昔
森の中で道が二つに分かれていた。

そして私は…
人があまり通っていない道を選んだ

そのことが
どれだけ大きく
私の人生を変えたことかと

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る