田中耕一の名言

田中耕一のプロフィール

田中耕一
書籍一覧

田中耕一(たなか こういち/1959年8月3日-/男性)は、富山県富山市出身の化学者エンジニア。ノーベル化学賞を受賞したことで著名な化学者であり、島津製作所に勤める会社員であった田中は、現役サラリーマン初のノーベル賞受賞者として大きな話題を呼んだ。受賞理由は、それまで困難であるとされていた高分子量のタンパク質をイオン化することに成功した「ソフトレーザー脱離イオン化法」にあり、これはグリセロールとコバルトの混合物を熱エネルギー緩衝材として使用しすることにより、レーザーによりタンパク質を気化・検出することに世界で初めて成功したことに由来している。また、ノーベル賞受賞の会見に作業服で出席し、穏やかで朴訥とした言動、現場で仕事をするために昇進を拒むなど、その人柄でも大衆から人気を集めた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「生涯最高の失敗」などがある。

田中耕一の名言集

失敗からは
必ず新たな発見がある。

最近は、失敗するのが
楽しみになってきました。

自分の能力の100%を狙っても、
ときには失敗して落ち込む。

次は90%を狙ってそれも失敗すると、
さらに目標が小さくなる。

だからといって200%を狙うと、
失敗ばかりです。

そこで110とか
120%を狙うんです。
すると、たまにはできるんですね。

それを繰り返して、
少しずつ伸ばすことを積み重ねると、
いつの間にか120%が
当たり前になると思うんです。

自分だけの夢を
見つけてください。

そしてその夢を大切に温めれば、
いつか何かを達成できます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る