マザロッピの名言

マザロッピのプロフィール

マザロッピ(Mazaropi/1953年1月27日-/男性)は、ブラジル・ミナスジェライス州出身のサッカー選手(ゴールキーパー)、指導者監督。本名はジェラルド・ペレイラ・デ・マットス・フィーリョ(Geraldo Pereira de Matos Filho)。現役時代はヴァスコ・ダ・ガマ(1974年-1978年/1980年-1983年)、コリチーバ(1979年)、グレミオ(1983年/1985年-1990年)、ナウチコ(1984年)でプレーし、リオデジャネイロ州選手権で何度もタイトルを獲得したほか、グレミオ時代にはインターコンチネンタルカップを制し、クラブ世界一のタイトル獲得にも貢献。現役引退後は、古巣グレミオをはじめ、Jリーグクラブ(横浜フリューゲルス/名古屋グランパスエイト/川崎フロンターレ/コンサドーレ札幌)で指導者を務めたほか、2005年度からは監督としても活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

マザロッピの名言集

一生懸命積み重ねて
きたものの結果は、
すぐにやってきてはくれない。

しかし、それは必ず
ふさわしい時期にやってくる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る