三原脩の名言

三原脩のプロフィール

三原脩
書籍一覧

三原脩(みはら おさむ/1911年11月21日-1984年2月6日/男性)は、香川県仲多度郡出身のプロ野球選手監督。日本のプロ野球リーグ設立初期から活躍した人物であり、選手時代は大日本東京野球倶楽部(後の東京巨人軍/読売ジャイアンツ)で内野手としてプレーし、現役引退後は監督として読売ジャイアンツ(1947-1949)、西鉄ライオンズ(1951-1959)、大洋ホエールズ(1960-1967)、近鉄バファローズ(1968-1970)、ヤクルトアトムズ(1971-1973)を指揮した。周囲の予想を超える選手起用・戦術で数々の名勝負を演出し、その手腕は「三原魔術」と称され、「魔術師」や「知将」の異名をとった。1983年に野球殿堂(日本)入り。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

三原脩の名言集

やりたいことを
やってもよろしい。

言いたいことは
言いなさい。

が、与えられたことは
きっちりやらなければならない。

ファイトとは、
何でもかんでも
猪突猛進することではない。

血気にはやって投げるな、
打つな、走るな。

冷静な判断を伴った
ファイトでなければならない。

獅子はウサギを追うときにも
その全力を挙げてこれを倒すという。

楽なプレーでも、
全神経を使ったプレーをせよ。

悔しさを吹き飛ばすには、
練習しかない。

勝っても負けても、
王者は王者らしい
風格を持たねばならない。

勝負である以上、
負けることもあるが、
少しくらいの負けこみや不調で
自信を失ったり、

自信をぐらつかせたりしないような、
鍛錬された精神力を
持たねばならない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る