武豊の名言

武豊のプロフィール

武豊
書籍一覧

武豊(たけ ゆたか/1969年3月15日-/男性)は、京都府京都市出身(滋賀県育ち)のJRA騎手。父の邦彦は騎手・調教師、弟の幸四郎も騎手として活躍。1987年に騎手としてデビュー以来、JRAの数々の記録を更新し、「天才」と称されることも多い人物であり、JRAのスター騎手として広く知られるようになる。2010年には日本騎手クラブの会長に就任。ちなみに武一族は鹿児島県の武家を先祖に持ち、西郷隆盛とも縁戚関係にあたる。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「武豊日記シリーズ」「武豊インタビュー集シリーズ」「武豊×オリビエ・ペリエ 勝つには理由がある」などがある。

武豊の名言集

競馬は結果がすべて。
結果を競っているんであって、
努力を競っているわけではない。

とにかく、やるべきこと、
やれることを
全部やっていくつもりです。

その結果、見ている人を
ワクワクさせるような、
レースができればいいな
と思っているんです。

成功したらどうしよう
とは考えていますが、
失敗することは
全然考えてないです。

勝利の方程式をつかんだ?
道を究めた?
そんなこと、思ったこともない。

デビュー以来3500勝したけれど、
出走回数は1万7000回以上。

勝率にしたら2割に満たない。
負けた数のほうがはるかに多い。

自分の技術だけじゃ
どうにもならない。

走るのは、だって、
意志の通じぬ、馬のほう。
だからこそ、楽しい。

馬とともに走り、
馬とともに勝つのは、
人生をかけて追い求めるのに
ふさわしい巨大な謎だから。

もっと上に行こう、
という欲を失ったら終わり。
努力とか根性とかよりも欲ですよ。

昨日の僕より
上手に乗れるようになっていたい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る