ベーブ・ルースの名言

ベーブ・ルースのプロフィール

ベーブ・ルース
書籍一覧

ベーブ・ルース(Babe Ruth/1895年2月6日-1948年8月16日/男性)は、アメリカ・メリーランド州出身のプロ野球選手。「野球の神様」と称される人物であり、アメリカの国民的なヒーローの一人。史上初のシーズン本塁打50本以上記録を樹立し、豪快な本塁打の連発でベースボール界を盛り上げ、アメリカにおけるスポーツのひとうであったベースボールを国民的人気スポーツにまで押し上げたことから、「アメリカ球界最大の巨人の1人」とも称されている。現役時代はボストン・レッドソックス(1914-1919)、ニューヨーク・ヤンキース(1920-1934)、ボストン・ブレーブス(1935)でプレーし、現役引退後の1936年にアメリカ野球殿堂入りを果たした。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ベーブ・ルースの名言集

俺は思いっきり振る。
渾身の力を込めてな。

でっかく当たるか、
でっかく外すかのどっちかだ。

俺はできる限り
でっかく生きたいんだ。

ファンは、
2塁打を3本飛ばすんじゃなくて、

ホームランを1本打つのを
見に来てるんだ。

三振を恐れてちゃ、
何もできないよ。

秘訣は、きつい練習を、
たくさんすることだね。

あきらめない奴には、
誰も勝てないんだ。

簡単ではないかもしれない。
でもそれは”できない”
という理由にはならないんだ。

守備の甘いところへ
打つのがコツなんだ。
だから俺は場外へ打つ。

君ならできる。
世界は君のものさ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る