中山雅史の名言

中山雅史のプロフィール

中山雅史
書籍一覧

中山雅史(なかやま まさし/1967年9月23日-/男性)は、静岡県志太郡出身の元サッカー選手解説者。愛称は「ゴン中山」「ゴン」「中山隊長」など。妻は女優・タレントの「生田智子」。現役時代はジュビロ磐田(1994年-2009年)とコンサドーレ札幌(2010年-2012年)でプレーし、日本代表としてフランスワールドカップ、日韓ワールドカップなどに出場。熱血的なプレーでファンを魅了し、その情熱的なキャラでも人気を集めた。現役引退後は、スポーツ番組など多数のTV番組に出演しているほか、サッカー解説者としても活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

中山雅史の名言集

当たり前のことを
当たり前にやることが
実は一番スーパーなプレー。

自分は、人と違うプレーをする。
そうしないと自分の居場所はない。

勝ちたいんじゃなくて、
負けるわけにはいかない。

失敗でもいい、大きな挑戦。
経験として、
僕の中で蓄えられればいい。

すべてのプレーを
偶然ではなく必然にしたい。

「神様お願い」という前に
やれることはやり尽くして
ピッチに立ちます。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る