中村寅吉の名言

中村寅吉のプロフィール

中村寅吉
書籍一覧

中村寅吉(なかむら とらきち/1915年9月17日-2008年2月11日/男性)は、神奈川県横浜市出身のプロゴルファー。愛称は「トラさん」。林由郎、小野光一らと共に戦後の日本ゴルフ界を支えた名選手の一人であり、1935年にプロデビュー、1950年に日本オープンゴルフ選手権で初優勝。1957年に日本で開催されたカナダ・カップに小野光一と共に日本代表として出場し、団体戦、個人戦の両方で優勝を飾る。日本人初のマスターズ・トーナメント出場、シニアプロ初のエージシュート記録を樹立など、復興期の日本ゴルフ界を大いに盛り上げた。日本女子プロゴルフ協会初代会長などを歴任。2012年に日本プロゴルフ殿堂入り。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書・書籍に「中村寅吉 栄光のゴルフ」「中村寅吉「気」のゴルフ」「ギャラリ-寅吉 ゴルフの見方、上達のコツ」「寅さんの型破りゴルフ上達法」「ゴルフは齢じゃないよ 40歳代からエ-ジシュ-トを目指す特別講座」「寅さんの「こうすりゃ80台ヨ」」などがある。

中村寅吉の名言集

悩む時間がもったいない。
打ち続けると答えが見える。

アマチュア・ゴルファーは、
悩みすぎるんだよ。

悩んだって
解決するもんでもないんだから、
悩む時間があったら
ボール打ちなさい。

カンとは、
頭の働きではなく、

普段の練習の結果、
生まれるもの。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る