野茂英雄の名言

野茂英雄のプロフィール

野茂英雄

野茂英雄(のも ひでお/1968年8月31日-/男性)は、大阪府大阪市出身の元プロ野球選手(投手)。日本人選手のメジャー挑戦のパイオニアとして知られる人物であり、背中を打者に向ける独特の投法「トルネード投法」で活躍した名投手。通算奪三振率9.28という記録を残しており、通算投球回数2000イニング以上の選手で通算奪三振率9.00以上というのはメジャーを含めても、数えるほどの選手しかいない。(参考文献・出典:ウィキペディア+Amazon.co.jp書籍紹介情報)

所属チーム

主な所属チームは近鉄バファローズ(1990-1994)、ロサンゼルス・ドジャース(1995-1998)、ニューヨーク・メッツ(1998)、ミルウォーキー・ブルワーズ(1999)、デトロイト・タイガース(2000)、ボストン・レッドソックス(2001)、ロサンゼルス・ドジャース(2002-2004)、タンパベイ・デビルレイズ(2005)、シカゴ・ホワイトソックス(2006)、カンザスシティ・ロイヤルズ(2008)。

野茂英雄の名言集

若い人には
失敗してもいい場所が
必要だと思うんです。

僕は練習は嫌いですから。
手抜いてますよ。

ただ、絶対にはずせない練習
というのがあって
それはやります。

できるようになるまで
反復してやる。
それだけです。

何かを得ようと思ったら
毎日毎日、
繰り返しやりますよね。

そうやらないと
うまくならないし
成果が出ない。

挑戦すれば
成功もあれば失敗もあります。

でも挑戦せずして
成功はありません。

何度も言いますが
挑戦しないことには
始まらないのです。

なれるとかなれないとか
考えていたって
一歩も前には進めません。

やるかやらないか
それしかないのですから。

若いうちは
無駄が栄養。

希望はあるが
不安はない。

(メジャー挑戦前の言葉)

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る