ランディ・ジョンソンの名言

ランディ・ジョンソンのプロフィール

ランドール・デイヴィッド・ジョンソン(Randall David Johnson/1963年9月10日-/男性)は、アメリカ・カリフォルニア州出身の元メジャーリーガー(投手)。愛称は「Big Unit」。2m8cmの長身から繰り出される最速102mph(約164km/h)のフォーシームとスライダー、スプリッター、ツーシームを投げ分けた名選手であり、サイドスローに近いスリー・クォーターであることに加え、横に変化する高速スライダーを持つため、左打者にとっては至近距離まで球筋が見極められず、非常に打ちづらい事でも知られる。2010年に現役引退するまで、モントリオール・エクスポズ(1988-1989)、シアトル・マリナーズ(1989 – 1998)、ヒューストン・アストロズ(1998)、アリゾナ・ダイヤモンドバックス(1999-2004/2007-2008)、ニューヨーク・ヤンキース(2005 – 2006)、サンフランシスコ・ジャイアンツ(2009)でプレーし、史上24人目となる300勝を達成した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

ランディ・ジョンソンの名言集

才能なんて関係ない。
努力で這い上がるんだ。

過去の自分よりも
うまくなりたい。

そんな気持ちが
今の自分を支えてくれるんだ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る