飯田亮の名言

飯田亮のプロフィール

飯田亮
著書一覧

飯田亮(いいだ まこと/1933年-)は、東京都出身の実業家。日本初の総合的警備保障会社として知られる「セコム株式会社」の創業者(創業時の社名は「日本警備保障株式会社」)であり、日本に「警備保障」という一大産業を育て上げた「ベンチャー経営者の元祖」とも称されている人物。(参考文献:ウィキペディア+楽天ブックス)

著書

主な著書に「打てば必ず響く人」「正しさを貫く 私の考える仕事と経営」「世界のどこにもない会社を創る! セコム創業者の痛快な起業人生」「経営の実際 8つの重要なポイント」「経営の王道」「できる上司はあと5分の考え方が違う! その先の壁を突き破るための仕事術」などがある。

飯田亮の名言集

漁師の精神を
学ばなければいけない。

漁師は釣れなければ、
狙う魚を変え、道具を変え、場所を変える。

いつも同じところにじっとしていて、
「魚が無いね」と
嘆いているだけではダメだ。

仕事というのは、
やめなければ本物になる。

途中でやめるから
失敗になるんです。

続ければ、
必ずものになる。

自分たちが最高だと思って
やっていることを、
真っ向から否定しないと、
新しいものは生まれてこない。

現状に甘んじていたら
進歩が止まるどころか
退歩・衰亡しかねない。

企業の利潤、商売の利益というものは、
社会に対する
貢献度によって決まるものであり、

その貢献の度合いによって、
社会は企業に利潤をもたらす。

社会に貢献しない企業は、
だから利潤は得られないし、
得たとしても、又それは何日も続かない。

そしてその企業は
社会から消え去ることになる。

自分を励ますために
心の太鼓を叩くという術を、
長い間かけて
少しは身につけてきたのでしょう。

心の太鼓は
あくまでも自分で叩かなきゃ、

他人は絶対に
叩いてくれませんよ。

自分で
自分の太鼓を鳴らさなきゃ。

泥水をたっぷりと飲み、
腹をこわし、耐久力をつけないと
人は強くなれません。

プロフェッショナルになるためには、
困難にまともに立ち向かって
いくしかないのです。

社会が望み、
人が喜ぶ事業は成功する。

人に相談すると、
独創性に富んだ
競争力のあるビジネスモデルは
生まれない。

物事に行き詰ったとき
「しょうがない」と言って、
すぐに妥協してしまう人間が多すぎる。

それでは
何も生まれない。

考え抜いて精根尽き果ててから、
それでもあきらめず、
もう5分、さらに考える。

そうやって
何としてでも壁を突き破ろう
という執念がなくてはならない。

知恵は
本を読んでも得られない。

知識は土台として必要ではあるが、
実社会は知恵で動いている。

創業50周年のとき、
なぜ自分はここまで会社を
成長させることができたのか、
改めて思いを巡らせてみました。

「ひとつのことに熱中してきたから」とか
「一生懸命に努力してきたから」
などとも考えたのですが、

どれも当たり前のことで、
正直これといった理由が
見つかりませんでした。

結局、当たり前のことを
当たり前にやっていたら
成長していたんです。

ぼくは自分の
好きなことしかやらない。

それはセキュリティーの事業から
端を発したもので、
社会の役に立つ事業しか
やらないということです。

セコムには
事業と運営の憲法があります。

それは、
「正しいことをやる。
間違ったことはやるな」

「正しいこととは
会社にとっての正しさではなく、
社会にとっての正しさだ」というものです。

経営者として
そういった正論を吐いてきたから、
私は社員が胸を張って
やれる仕事だけを選んできました。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る