竹下佳江の名言

竹下佳江のプロフィール

竹下佳江
書籍一覧

竹下佳江(たけした よしえ/1978年3月18日-/女性)は、福岡県北九州市出身のバレーボール選手(セッター)。本名は「江草 佳江」(えぐさ よしえ)。夫は元プロ野球選手「江草仁貴」。小学校3年生よりバレーを始め、ユース時代には世界ユース選手権で優勝を経験。1996年にNECレッドロケッツに入団し、翌年に全日本代表に初選出。2000年のシドニーオリンピック世界最終予選で正セッターを務めたが敗退。日本女子バレー初となる五輪出場権を逃がし、その責任追及先が159cmの身長でセッターを務めた竹下に集中してしまい、結果的にその責任を負う形で2002年にNECを退社し、バレーボールからも一時引退。しかし、当時JT監督であった一柳昇からの誘い受け、V1リーグのJTマーヴェラスで復帰を果たす。2004年のアテネオリンピックでは5位入賞の成績を残し、2005年度からは全日本代表のキャプテンに就任。その後、ロンドンオリンピック銅メダル、世界選手権銅メダルなどの成績を残し、2012年9月にJTマーヴェラスを退団。2013年に日本バレーボール協会理事に就任している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

竹下佳江の名言集

誰よりもボールを触って
練習してきた。

チャンスをどう自分のものに
変えられるかっていうのは、
それまでの過程がすごく大事。

私はメンバーのレベルに
合わせません。

練習はウソつかないと思うし、
自分がやってきたことは
絶対に裏切らない。

苦しいことを
やりきってきた人間って、

こころの芯がしっかりしている
と思うんですね。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る