川野トモの名言

川野トモのプロフィール

川野トモ
書籍一覧

川野トモ(かわの とも/1920年7月24日-2007年8月14日/女性)は、埼玉県小川町出身の実業家。関東地方のスーパーマーケットチェーン「ヤオコー」の創業者。1957年に八百幸商店を設立し、翌年にスーパーマーケットの形態を導入。1968年よりチェーン展開を開始。1974年に八百幸商店を改組し、「ヤオコー」を設立。ヤオコー代表取締役社長・会長のほか、スーパーサンワ代表取締役社長、名友代表取締役社長なども歴任した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+日経ビジネス)

川野トモの名言集

行き詰まりを打破するには
自分が変わるしかない。

「築城100年 落城1日」
現場を離れれば明日はない。

感動のある商売こそ、
商いの極意。

腹が立ったら、
逆に心の中で「ありがとう」

お客さまの「まあまあ」は
「まだまだ」の意味。

時代は変わっても、
商人が「売る」という情熱に欠けたら
店はもうおしまいだと思います。

お客さまが来てくれて
商品を買ってくれなければ、
店としての存在価値はありません。

へたでみっともなくても、
毎日やり続ければ能力になる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る