Warning: Use of undefined constant … - assumed '…' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/earth2/www/words/wp-content/themes/earth-words/functions.php on line 4
清水宏保の名言 | 地球の名言

清水宏保の名言

清水宏保のプロフィール

清水宏保
書籍一覧

清水宏保(しみず ひろやす/1974年2月27日-/男性)は、北海道帯広市出身の元スピードスケート選手スポーツキャスター。長野オリンピックの金メダリスト&ソルトレイクシティオリンピックの銀メダリスト。1993年にスピードスケートW杯で18歳にして優勝を飾り、続く世界スプリント=群馬県伊香保では総合3位入りを果たす。1994年からリレハンメル、長野、ソルトレイク、トリノと4度の冬季オリンピックに出場し、金、銀、銅の計3つのメダルを獲得。デビュー以降、10年以上にわたって日本スケート界を牽引し、2010年に現役引退。引退後は、テレビ中継の解説者やコメンテーターとして活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「ぜんそく力 ぜんそくに勝つ100の新常識」「金メダリストが考えた世界一の腰痛メソッド」「プレッシャーを味方にする心の持ち方」などがある。

清水宏保の名言集

非常識と言われていたことでも、
結果を出せば常識に変わる。

物事を始めるときは
大きく分けて
3段階の壁があると思います。

まず最初にそれに慣れるのに
何日もかかる。

そこで耐えられずにダメな人は
あきらめるんです。
俺には向いていないとね。

でも、僕は
慣れるまでやります。

追い込むのは自分でも
本当は怖いんですけど、

そういうところまでたどり着かないと、
人間の潜在能力というのは
引き出せない。

勝ったメダルよりも、
負けたメダルのほうが

アスリートとして
大きく成長していける。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る