沢松和子の名言

沢松和子のプロフィール

沢松和子
書籍一覧

沢松和子(さわまつ かずこ/1951年1月5日-/女性)は、兵庫県西宮市出身の元テニス選手。1975年のウィンブルドン女子ダブルス部門(アン清村とのペア)で優勝を飾り、日本人女子選手として初めて4大大会タイトルを獲得した人物。同試合での日本人女性初の快挙は大きな反響を呼び、空前のテニスブームを巻き起こし、国内に多くのテニストーナメントが創設されるなど、現在のテニス界に多大な影響を与えた。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

沢松和子の名言集

相手が100発打つなら、
自分は101発打てばいい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る