諸葛孔明(諸葛亮)の名言

諸葛孔明(諸葛亮)のプロフィール

諸葛孔明
書籍一覧

諸葛孔明/諸葛亮(しょかつ こうめい/しょかつ りょう)は、中国後漢末期から三国時代に活躍した蜀漢の政治家軍人軍略家。蜀漢の建国者となった劉備の創業を助けたことで知られる人物であり、劉備の子の劉禅の丞相としても活躍。伏龍、臥龍とも呼ばれた。後世の評価としては『三国志』の撰者の陳寿の評が知られており、「時代にあった政策を行い、公正な政治を行った。どのように小さい善でも賞せざるはなく、どのように小さい悪でも罰せざるはなかった。多くの事柄に精通し、建前と事実が一致するか調べ、嘘偽りは歯牙にもかけなかった。みな諸葛亮を畏れつつも愛した。賞罰は明らかで公平であった。その政治の才能は管仲・蕭何に匹敵する」と最大の評価を受ける一方で、「毎年のように軍隊を動かしたのに(魏への北伐が)あまり成功しなかったのは、応変の将略(臨機応変な軍略)が得意ではなかったからだろうか」と、政治家としての有能さは明白であるが、軍人としては、やや言葉を濁した形となっている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

諸葛孔明の名言集

学ぶことで、
才能は開花する。

志がなければ、
学問の完成はない。

内部の守りを固めずに、
外部を攻めるのは愚策である。

無欲でなかったら、
志を持ち続けることはできない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る