渋井陽子の名言

渋井陽子のプロフィール

渋井陽子(しぶい ようこ/1979年3月14日-/女性)は、栃木県黒磯市出身の陸上競技選手(主にマラソン)。女子10000m日本記録樹立者。アテネ五輪への出場は逃したものの、選考会後のベルリンマラソンで高橋尚子が持っていた日本記録を更新。2008年の日本陸上選手権女子10000mでは大会新記録で優勝を果たし、北京五輪代表内定を獲得(北京五輪は17位)。2009年の世界陸上ベルリン大会女子マラソン前に右足の甲を痛める疲労骨折を発症し、同レースを欠場。しばらく休養期間に入っていたが、2010年11月の東日本実業団対抗女子駅伝に出場し、公式レースに復帰。2012年に三井住友海上女子陸上部のアドバイザーに就任している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

渋井陽子の名言集

いくら嘆いても
失ったものは返ってこない。
ならば前に進もう。

私は人の真似
なんてしません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る