川野幸夫の名言

川野幸夫のプロフィール

川野幸夫
書籍一覧

川野幸夫(かわの ゆきお/1942年-/男性)は、埼玉県出身の実業家。関東地方を基盤とするスーパーマーケットチェーン「ヤオコー」の元社長・会長。東京大学法学部卒業後、1969年に八百幸商店(後のヤオコー)に入社。1974年に八百幸商店を改組してヤオコーを設立。専務取締を経て、1985年に社長、2007年に会長に就任。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+日経ビジネス)

著書

主な著書に「日本一強いスーパー ヤオコーを創るために母がくれた50の言葉」などがある。

川野幸夫の名言集

一番大事なことは、
ぶれない経営哲学です。

「売れればいい」
「儲かればいい」
ではなく、

「何をすればお客さまが
喜んでくれるのか」。

それを追求し続けることが
存在理由であり、目的です。

その目的を実現するためには、
「商いのコンセプト」を
はっきりさせることが大切です。

企業も人間も弱いもので、
何となくうまくいってると
進歩がなくなってしまう。

経営において重要なのは
ライバルとの差異化です。

問題点を見つけ出して進化しないと
お客様に見放される。

人を育てるうえで、
一番大切なことは何でしょうか。

それは信じて
責任を与えることです。

簡単なことをやらせるのではなく、
難しいことをどんどん任せる。

それは人材を鍛えて、
能力を引き出すカギになります。

想いからすべてが始まる。
想いがすべてなんだ。

良い企業は「高収益」
「顧客密着」といった
エクセレントであるだけでは
不十分です。

尊敬される存在に
なることが欠かせない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る