クリス・エバートの名言

クリス・エバートのプロフィール

クリス・エバート
書籍一覧

クリスティン・マリー・エバート(Christine Marie Evert /1954年12月21日-/女性)は、アメリカ・フロリダ州出身の元プロテニス選手。愛称は「クリッシー」(Chrissie)。父のジミー・エバートと妹のジャンヌ・エバートも共に元プロテニス選手。マルチナ・ナブラチロワとともに、1970年代から1980年代前半の女子テニス界を牽引したことで知られる人物であり、4大大会(全豪・全仏・ウィンブルドン・全米)すべてで優勝を飾ったほか、シングルス世界ランキング1位の実績も誇っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

クリス・エバートの名言集

人生の目標がなんであっても、
その方角を目指して歩いていることを
いつも誇りに思わなくちゃ。

ゲームは主導権を握って
試合を進めること。

こっちの自信が
結果まで変えてしまうの。

チャンピオンは、
心の底からチャンピオンじゃなきゃ
ダメなのよ。

何ひとつ持っていなくても、
勇気と根性だけでやりぬく自信があるなら、
チャンピオンにだってなれる。

90%は自分の精神との戦い。
私をここまで導いてくれたのは、
集中力だけなの。

相手より1球多く打ち返すことだけ
考えていればいいのよ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る