川口能活の名言

川口能活のプロフィール

川口能活
書籍一覧

川口能活(かわぐち よしかつ/1975年8月15日-/男性)は、静岡県富士市出身のサッカー選手。長年にわたり日本代表のゴールキーパーとして活躍した人物であり、日本では横浜F・マリノスやジュビロ磐田でプレイしたほか、ポーツマスFC(イングランド・)やFCノアシェラン(デンマーク)などの海外クラブでも活躍。ゴールキーパーとしては小柄な体格ではあるが、ゴール前での果敢な飛び出しや最後尾から味方を叱咤激励しチームを鼓舞する姿から、「炎の守護神」や「魂の守護神」と表現されることも多い。特にペナルティーキックに強く、キッカーの動きを予測するその集中力は”奇跡”とも称されている。ちなみに、PKを止めるコツがあるらしいが、本人は企業秘密を貫いている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

川口能活の名言集

神様は乗り越えられない
課題は与えない。

今、この逆境の中から
何かをつかめということなんだ。

限界を知っているから、
極限状態でも、
まだ大丈夫と冷静になれる。

“いいから攻めろ、
守りは大丈夫だから”

という安心感を、
チームに浸透させていきたい。

限界に近いトレーニングをすることで、
負けないんだっていう自信がつく。

実力がない者に、
運やツキはまわってこない。
運やツキも努力の結果。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る