サチェル・ペイジの名言

サチェル・ペイジのプロフィール

サチェル・ペイジ
書籍一覧

サチェル・ペイジ(Leroy Robert “Satchel” Paige/1906年7月7日-1982年6月8日/男性)は、アメリカ・アラバマ州出身のプロ野球選手(投手)。野球史上最高の投手の一人と称される人物であり、ニグロリーグ時代に約2500試合に登板し、計2000勝以上をあげ、完封勝利350試合以上、ノーヒットノーラン55試合など超人的な記録を残す。42歳の時に史上最高齢新人投手としてメジャーリーグ(クリーブランド・インディアンス)に移り、チームのリーグ優勝に貢献したほか、1952年と1953年にはMLBオールスターゲームにも出場。1965年にカンザスシティ・アスレチックスと1試合だけの契約で、メジャー最後の登板を果たしたが、その時、サチェル・ペイジは59歳であり最高齢登板記録も樹立している。1971年に野球殿堂入り。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

サチェル・ペイジの名言集

平凡に生まれついたとしても、
凡人でいなけりゃならないって
法はないんだ。

もしも、自分の年齢を知らなかったら、
今の自分を何歳だと思うかね?

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る