荻原健司の名言

荻原健司のプロフィール

荻原健司
書籍一覧

荻原健司(おぎわら けんじ/1969年12月20日-/男性)は、群馬県吾妻郡出身の元スキーノルディック複合選手政治家。双子の弟も同じくノルディック複合元選手として活躍した「荻原次晴」。日本のノルディック競技の中心選手の一人として活躍し、アルベールビル(1992年)とリレハンメル(1994年)の冬季オリンピックで2大会連覇を達成。世界選手権でも1993年、1995年、1997年と金メダルを獲得したほか、ワールドカップでは日本人初の総合優勝、通算19勝をあげる黄金時代を築いた。現役引退後は、政治家に転身し、経済産業大臣政務官を歴任した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

荻原健司の名言集

失敗するか成功するかは、
やってみなければわからない。

失敗したら、
その時点で次を考えればいい。

挑戦すれば、
何かいいことがある。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る