片岡鶴太郎の名言

片岡鶴太郎のプロフィール

片岡鶴太郎
著書一覧

片岡鶴太郎(かたおか つるたろう/1954年12月21日-/男性)は、東京都出身のタレント俳優画家。本名は「荻野 繁雄(おぎの しげお)」。愛称は「鶴ちゃん」など。1973年に片岡鶴八に弟子入りし、声帯模写で舞台出演を始める。その後、隼ジュンの元や松山の劇団で修行を積み、24歳の時にフジテレビ系『お笑い大集合』で実質的なテレビデビュー。漫才ブーム期にブレイクはしなかったものの、『オレたちひょうきん族』での近藤真彦のものまねで注目を集め、キューちゃん(九官鳥)や浦辺粂子、たこ八郎などの真似で人気を博す。その後、しだいに活動の軸を俳優へ移すようになり、テレビドラマ『季節はずれの海岸物語』(主役/1988年-1994年)や映画『異人たちとの夏』(主人公の父親役/1988年)、NHK大河ドラマ『太平記』(北条高時役/1991年)などで高い評価を獲得。また、コメディアンとしての仕事から離れるにつれ、水墨画や陶芸など美術に傾倒していくようになり、現在では芸術家としても広く認知されている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+PHP)

著書

主な著書(共著含む)に「鶴太郎流墨彩画入門」「夢画夢中」「えほん寄席」「鶴太郎絵日記」「般若心経を書く 筆に魂をこめて」「良寛椿」「ご縁をいただいて」「癒しの禅語」「大人の墨遊び」「鶴太郎流心で描く絵だより入門」「こころ歳時記」「筆のゆくまま、心のままに 片岡鶴太郎半生記」「鶴のひとこゑ」「生涯素人 鶴が箱根に飛んできた」「鶴のおんがえし 生かされて生きぬく」「いれものがない両手で受ける」「しみ入る心の山頭火」「鶴太郎のぬり絵」「自伝・描きかけの自画像」「生涯を賭けた言葉」などがある。

片岡鶴太郎の名言集

くよくよ悩んでいる時間はない。
魂が納得できる生き方をしたい。

「好き」っていうのが、
私はやっぱり
一番大事なものだと思う。

心が貧しいと、
人を責めたくなる。

心が卑しいと、
人の欠点ばかり見えてくる。

心豊かになると、
人のいいところが見えてくる。

若くても人の褒め称えができる人は、
人の上に立てる。

隣の家の玄関先に
赤い花が咲いているのが
目に止まりました。

誰が見ているわけでも、
誰に見せようと
しているわけでもないだろうに、

花は凛と咲いて、
自分の生を全うしている。

すごい、すごい、すごい。
花って、なんてすごいんだ!

このときぼくは、生まれて初めて
「花の存在のすばらしさ」に
気付かされました。
もう身動きが取れなくなるほどに。

こういう生き方じゃないのか。
生きるとは、こういうことじゃないのか。
胸がグーッと熱くなりましたね。

くよくよ悩むのは、
全然構わない。

悩むのはよい方向へ変われる
チャンスだと思うから。

でも、悩みをいつまでも
引きずってはいけない。

とことん悩んだら、
行動に移す。

これだと思ったら、
突き進んで、掘り下げる。

道はその先にきっと
ひらけていくんじゃないかな。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る