アンドリュー・カーネギーの名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

アンドリュー・カーネギーのプロフィール

アンドリュー・カーネギー
著書一覧

アンドリュー・カーネギー(Andrew Carnegie/1835年11月25日-1919年8月11日/男性)は、「鋼鉄王」と称されたアメリカの実業家(出身はスコットランド)。鉄道の橋が木製である事が多かった時代に、耐久性に優れた鉄製の需要増加を予測し、「キーストン鉄橋会社」を設立。同事業で大きな成功を収めた他、慈善家として活動したことでも知られ、「カーネギー財団」の設立者でもある。また、彼は社会ダーウィン主義の実践者でもあり、不平等な状態を是とした。無条件に貧しいものへ与えることを有害とし、努力する者を支援するために富が使用されるよう寄付する者が責任を持つべきだとしている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「Autobiography of Andrew Carnegie (1920)」「Problems of Today (1907)」「James Watt (1905)」「The Secret of Business is the Management of Men (1903)」「The Empire of Business (1902)」「The Gospel of Wealth (1889)」「Triumphant Democracy (1886)」「Round the World (1884)」「An American Four-in-hand in Britain (1883)」などがある。

アンドリュー・カーネギーの名言集

一番確実な方法は、
エネルギーのすべてを、
特定の分野に注ぎこむやり方だ。

生計を立てるのに、
収入が必要だからというだけの理由で、

好きでもない仕事をしながら、
人生を漫然と過ごすなんて悲劇だね。

よりよい成果が得られるのは、
自分が一番好きな仕事を
しているときだろうね。

だから、人生の目標は、
自分が好きなことを選ぶべきなんだ。

自分の努力で得る富や物はすべて、
求めるものについての、
簡潔なイメージを持つことから始まる。

人間、優れた仕事をするためには、
自分一人でやるよりも、
他人の助けを借りるほうが、
良いものが出来ると悟ったとき、

その人は偉大なる成長を
遂げるのである。

強烈な願望を抱いた心は、
心の中から恐れや疑いや、
自分で課した限界を取り除く。

チャンスに出会わない人間は、
一人もいない。

それをチャンスに
できなかっただけである。

思考をコントロールできなければ、
行いをコントロール
することは出来ない。

失敗にしても、成功にしても、
人間が何かを実現できるかどうかは、
当人の習慣によって決まるんだよ。

文章を書くときは、
「頭脳」で書いても
「心」で書いても、

作家の心の状態が必ず、
読者に伝わってしまうものだ。

成功者は必ず、
自分がやりたいことを
仕事にしている。

他人の利益を図らずして、
自ら栄えることができない。

諸君の精力と思考とを、
自分の使命に集中させよ!
なすべきことを、
とことんまでやりぬけ。

あらゆる改善をし、
あらゆることに精通し、
なすべき仕事を完璧にマスターせよ!

先延ばしにする癖のある人は、
人生を漫然と過ごして失敗する。

人が最高の力を発揮するのは、
自分がやりたいと思うことを
するときなんだ。

アンドリュー・カーネギーの名言 一覧

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)、翻訳、意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク


関連記事


バックナンバー


▲ページトップに戻る