大前研一の名言

大前研一のプロフィール

大前研一
著書一覧

大前研一(おおまえ けんいち/1943年2月21日-/男性)は、福岡県若松市出身の経営コンサルタント、ビジネス書作家教育者起業家。「ボーダレス経済学と地域国家論」の提唱者。日立製作所を経て、1972年に経営コンサルティング会社「マッキンゼー・アンド・カンパニー」に入社。同社でディレクター、日本支社長、アジア太平洋地区会長などを務めた後、1992年に新自由主義を標榜する市民団体「平成維新の会」を設立。参院選落選後に平成維新の会は事実上解散となったが、その後、政策学校「一新塾」&教育関連事業会社「ビジネス・ブレークスルー」(2005年にマザーズ上場)を設立。その他にスタンフォード大学ビジネススクール客員教授、梨花女子大学国際大学院名誉教授、高麗大学名誉客員教授を務める一方で、中国遼寧省、重慶市・天津市の経済顧問など、国家レベルの経営コンサルタントとしても活躍した。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書(共著含む)に「大前研一と考える営業学 営業こそプロフェッショナルを目指せ」「クオリティ国家という戦略 これが日本の生きる道」「大前家の子育て 「一生食べていける力」がつく」「考える技術」「実戦!問題解決法」「企業参謀 戦略的思考とはなにか」「私はこうして発想する」「進化する教育 あなたの脳力は進化する!」「訣別 大前研一の新・国家戦略論」「民の見えざる手 デフレ不況時代の新・国富論」「大前研一の新しい資本主義の論点 「ニュー・ノーマル」という秩序の登場」「大前研一洞察力の原点 プロフェッショナルに贈る言葉」「「知の衰退」からいかに脱出するか? そうだ!僕はユニークな生き方をしよう!!」「マッキンゼー現代の経営戦略」「この国を出よ」「平成考現学 混迷の時代を読む技術」「即戦力の磨き方 下剋上の時代を生き抜く」「警告 目覚めよ!日本」「ベンチャー起業 実戦教本」「新・経済原論 世界経済は新しい舞台へ」「ストラテジックマインド 変革期の企業戦略論」「戦略論 戦略コンセプトの原点」などがある。

大前研一の名言集

行動を具体的に変えない限り、
決意だけでは何も変わらない。

人生は最後まで
あきらめてはいけない。

思いついた日から、
勝者になるように
努力することが肝心なのだ。

日本人は
「どこか自分の外側に答がある」
と勘違いしている。

そのため、何か困ったことに突き当たると、
最初から「この問題の答はどこにあるのか、
何なのか」と考えてしまう。

自分が「解決すべき問題はそもそも何か」
を考えずに、目先の問題への
答えばかりを見つけようとする。

現代を生きるわれわれに必要なのは、
「答えの見つけ方」を学ぶことであって、
答えそのものを学ぶ必然性は
希薄になってきている。

なぜなら、義務教育で教える
「答え」そのものだけなら、
いまでは五百円のメモリーチップに
すべて入ってしまう。

つまり、義務教育で学ぶことは、
もう五百円の価値しかないということだ。

悩みは心身の健康に良くない。
悩むことに何の生産性もない。
悩んで問題が解決することなどない。

問題解決の手法を学び、
悩みに正面から取り組む
習慣を付けると悩みがなくなる。

すべて安全な橋を渡って、
どの瞬間も必要十分条件を満たして、
順風満帆だったという新事業は存在しない。

自分はどうなりたいのか。
何が自分の本当の望みであり、夢なのか。

この自問自答を繰り返してこそ、
プロフェッショナルへの道が開ける。

やりたい事があるなら
先延ばししてはいけない。

やりたいと思ったときが
「すべきとき」なんです。

何か始めてうまくいかなかったら、
またやりなおせばよい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る