ラ・ブリュイエールの名言

ラ・ブリュイエールのプロフィール

ラ・ブリュイエール
著書一覧

ラ・ブリュイエール(Jean de La Bruyere/1645年8月16日-1696年5月11日/男性)は、17世紀に活躍したフランスの哲学者モラリスト。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「カラクテール―当世風俗誌」などがある。

ラ・ブリュイエールの名言集

時間の使い方が
もっとも下手な者が、

まずその短さについて
苦情をいう。

ただ、動機だけが
人々の行為の真価を決める。

われわれの悩みはすべて、
ひとりでいられないことから
もたらされる。

我々は、犯してしまった間違いを
すべてやり直すほど長生きではない。

一生の間、
間違いを犯し続けるのであって、
我々に出来る最高の行いは、
改心することである。

互いに小さな欠点を
許し合わなければ、
友情というものは成立しない。

人間世界では、
才知が溢れている事よりも、

みんなとうまくやっていく能力
の方がはるかに役に立つ。

人間には3つの事しか起きない。
それは「生まれる」「生きる」
「死ぬ」である。

生まれたことは覚えていない。
死ぬことは怖い。
そして、生きることは忘れている。

人間は面白いことに、
他人の話をするときは
他人の欠点だけしか喋らないくせに、

自分の話をするときに、
自分の欠点を話すことはまずない。

人生というのは短く、
そして悲しいものだ。

なぜなら、最初から最後まで
欲望を追いかけるだけで終わってしまう。

笑わずに死んでしまうといけないから
幸福になる前に笑っておくがよい。

沈黙は、
愚か者の知恵である。

財産を築く最短で最良の方法は、
あなたに利益をもたらすことが
自分たちの得になるということを、
人々にはっきりとわからせることである。

子供には過去も未来もない。
だから現在を楽しむ。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る