窪田良の名言

窪田良のプロフィール

窪田良
書籍一覧

窪田 良(くぼた りょう/1966年-/男性)は、兵庫県出身の医師実業家。米アキュセラ社長兼CEO。慶応義塾大学医学部を卒業後、同大学大学院研究科で緑内障の原因遺伝子「ミオシリン」を発見。その後、臨床医として勤務を経て、2002年にアメリカで創薬ベンチャー「アキュセラ」を設立。加齢黄斑変性やドライアイ、緑内障など眼科治療薬の開発を手掛けている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+日経ビジネス)

著書

主な著書に「極めるひとほどあきっぽい」などがある。

窪田良の名言集

何かを捨てないと
新しいモノを手にすることは
できないと思います。

特にベンチャー経営では、
こだわることが必ずしも
プラスにはならない。

正しい解き方より
正しい疑問。

当初の問題設定がずれていれば、
どれだけ努力しても
成果は得られません。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る