デイル・ドーテンの名言

デイル・ドーテンのプロフィール

デイル・ドーテン
著書一覧

デイル・ドーテン(Dale Dauten/1950年9月30日-/男性)は、アメリカのビジネス・コラムニスト著述家講演家実業家。1980年にマーケティング・リサーチ専門会社「リサーチ・リソーセス」を設立。その後、経営&マーケティングの調査・研究開発を行う「イノベーターズ・ラボ」を設立。意思決定論、人材育成、キャリア・アップによる能力開発や成功をテーマに独自の理論を展開し、人気コラムニストとして活躍している。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「仕事は楽しいかね?シリーズ」「マックス・メモ ス-パ-ボス・一流の部下-6つの真実-」「笑って仕事をしてますか? 壁を打ち破るヒント、それは笑顔」「仕事にちょっとつまずいたあなたへ 上司や部下がマヌケに見えたときに頼るメ-ル」などがある。

デイル・ドーテンの名言集

君は最初に陸にあがった魚は、
長期に渡る目標を持っていた
と思うかね?

必要は発明の母かもしれない。
だけど、偶然は発明の父なんだ。

新しいアイデアというのは、
新しい場所におかれた
古いアイデアなんだ。

完璧とは、
ダメになる一歩手前の状況である。

試してみることに
失敗はない。

目標の最大の問題は、
それが達成するまで世の中が
待ってくれないことである。

まず秀でること。
そうすれば求められるようになる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る