緒方賢一の名言

緒方賢一のプロフィール

緒方賢一
作品一覧

緒方賢一(おがた けんいち/1942年3月29日-/男性)は、福岡県田川市出身の声優俳優。学生時代から喜劇役者を目指し、幾つかの劇団で舞台を踏んだ後、1973年にテレビアニメ『マジンガーZ』で声優デビュー。1970年代から長く第一線で活躍している人物であり、近年では「名探偵コナン」の阿笠博士役のような中年・老人役を演じる機会も多い。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp+声グラWEB)

出演作品

主な出演作品(括弧内は役名)に「名探偵コナン(阿笠博士)」「らんま1/2(早乙女玄馬)」「忍者ハットリくん(獅子丸)」「ドラえもん(スネ夫の父)」「うる星やつら(あたるの父)」「宇宙戦艦ヤマト(アナライザー)」「一休さん(桔梗屋)」「UFOロボ グレンダイザー(荒野番太)」「グレートマジンガー(暗黒大将軍)」「ゲッターロボ(浅太郎)」「ハイスクール!奇面組(小蝶先生)」「忍たま乱太郎(しんべヱのパパ)」「とっても!ラッキーマン(追手内止郎)」「魔法陣グルグル(キタキタおやじ)」「犬夜叉(冥加)」「星のカービィ(デデデ大王)」「あたしンち(父)」「To LOVEる -とらぶる-(校長)」などがある。

緒方賢一の名言集

人間が体験できることって限界がある。
70年生きようが、100年生きようが、
絶対限界があるんです。

ものを表現しようとするとき、
自分の中にそういう体験がなければ、
外から借りてくるしかないんですよ。

自分とはまったく違う人生を送っている人は
たくさんいるわけで、
そういう方々からヒントを得て表現するんです。

だから生徒達には
「周囲の人々から謙虚に学んで、
自分が豊かにならないと、
いい表現者にはなれないよ」と伝えています。

法大師として知られる空海は、
人間の心が悟りに至るまでには
10の段階があると称えました。

さらに日蓮上人は、
人間の心の境地を地獄界から仏界まで
10の世界に分類して、
どんな人でも心の中にその10の世界を
同時に持っていると説いたんです。
これを「十界論」といいます。

さらに、その10の世界の中には、
それぞれ10の命が宿っているというんです。

つまり人間の中では、
つねに100の命が揺れ動いていて、
そこからいろいろな感情が生まれてくる。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る