秋庭道博の名言

秋庭道博のプロフィール

秋庭道博

秋庭道博(あきにわ どうはく/1935年-/男性)は、長野県出身の著述家コラムニスト。早稲田大学を卒業後、中央公論社に入社。その後、独立し執筆や講演活動などを行っている。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

著書

主な著書に「人に好かれたら、仕事は9割うまくいく」「人を動かす「言葉力」 プレジデント名言録「200」選」「50歳からを生き抜く知恵 名僧の言葉こそ素晴らしい人生をつくる」「深い言葉 よりよく生きようとする人たちへ」「金銭金言」「日本でいちばんわかりやすい文章術読本(とくほん) ぐんぐん書きたくなる」「「まず動く!」人が、仕事は9割うまくいく」「1時間の仕事を20分で終わらせる」「なぜ、あの人は空気が読めるのか?」「今の自分を変える65冊の実学図書館」「あなたを癒す85の言葉」「1秒で「場の空気」が読めれば、すべてうまくいく」「できるアイツの雑談の技術」「生きた言葉なるほど事典」「やさしくやさしく考えよう生きてみよう」「入門文章の技術 “上手い”といわれる」「人間盛りは百から百から 転ばぬ先の「超人」語録」など多数。

秋庭道博の名言集

これからは、
世間や社会に
恥ずかしくないように
生きるのではなく、

「自分」に
恥ずかしくないように、
生きる時代である。

今でさえ、すぐに
どこかへ消えてしまうのに

今度などと言っていたら、
何も実現しない。

恵まれないときには
じっと耐えるしかない。

その耐え方が
前を向いたものであれば

やがて新しい状況に
適応する能力や、
感覚が身についてくる。

不遇なとき、
不本意なとき、
不安なときこそ、

未来を信じて、
気持ちを
ぐらつかせないことだ。

そのとき得たものが
自分の人生の核になる。

人気アーティストの
公演に行こう
ということになって、

売り出される切符を
買いに行くと、
すでに、たくさんの人が
並んでいる。

そこで、こんなに
たくさんの人がいたのでは
切符が買えないのではないか
と不安になる。

そんなとき、 前を見るついでに、
後ろを見てみよう。

すると、自分の後ろにも
たくさんの人の列が
出来ている。

すると「後ろにもあんなに
人が並んでいるのだから
大丈夫だろう」という
気持ちになるから面白い。

途中であきらめて
しまったのでは、

結局、何もしなかったことと
同じ結果にしかならない。

他人や社会にどれだけ
尽くすことができるかが

その人の「存在価値」を
示すものでもあるのです。

未来は、事実と理詰めの
延長線上にだけあると思うのは

あまりにも、この世や
人間というものを
知らなさすぎる。

つまずくことも
あるでしょうし、
失敗することも
あるでしょう。

しかし、それは
どんな人にとっても、
通過儀礼の一つなのです。

仕事には大きく分けて
次の二種類があります。

むしろ、この二種類しかない
といってもいいでしょう。

・正確さが
より要求されるもの

・早さが
より要求されるもの

ですから、仕事を
依頼されたときには、

その仕事がどちらの分野に
属するものなのかを
見極めることが必要なのです。

人の小さな過ちを
とがめるようなことを
しないこと。

過ちは
だれにでもあるもので、

小さな過ちを鬼の首でも
とったような態度で

責めるようなことをすれば
人は離れていく
ばかりである。

人が表に出したくないことを
あえて公表すべきではない。

“隠しごと”は
だれにでもあるもので、

たとえ、そのことを
知ったとしても、
それはそれとして
黙っているのが、

人間や世の中というものを
知っている人の
とるべき態度である。

こういう時代には
「歩きながら考える」
という行動様式を
とらざるを得ません。

もちろん、歩き出す前に
考えることも必要ですが、

状況が変化して、
前提条件が
変わってしまったのなら、

変化した時点で、
考え方も計画も
行動も変えて
前進しなくては、

この競争社会から
脱落するだけです。

人は「ダメだ」
と思ったときに
ダメになるのです。

間違っていたこと
がわかったら

それを改めるのに
何の遠慮もいらない。

選択できる方法が
一つしかないのだと
思い込まないことです。

マニュアルは
それを身につければいい
というものではなく、

それを超えるものとして
存在している。

人と競争しているように
見えることでも、

本質的には
自分が自分の怠け心や、
あきらめ心と戦っている。

仕事は、
「手順」と「集中」。

あらゆる人間関係は、
まごころによって支えられ、
発展していく。

心が疲れていると
生産性は上がらない。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る