がばいばあちゃんの名言

がばいばあちゃんのプロフィール

がばいばあちゃん
書籍一覧

がばいばあちゃんは、漫才師・タレント「島田洋七(しまだ ようしち/1950-)」 の祖母であり、洋七の自伝小説「佐賀のがばいばあちゃん」(旧題:振り向けば哀しくもなく)に登場し大きな話題となった人物。本名は「徳永サノ(とくなが-/1900-1991)」。「がばいばあちゃん」の書籍シリーズは累計400万部を突破する大ベストセラーを記録し、2006年に映画化、2007年にTVドラマ化、その他に漫画化、ゲーム化、舞台化などもされている。ちなみに「がばい」というのは、佐賀弁で「非常に」という意味であり、本来は「ばあちゃん」のような名詞の直前に付けるような言葉ではない。これは洋七本人も本来の使い方でないとコメントしており、本来ならば「佐賀のがばいすごかばあちゃん」(佐賀の非常にすごいばあちゃん)となるとのこと。(参考文献:ウィキペディア+Amazon.co.jp)

関連書籍

主な関連書籍に「がばいばあちゃんめざせ甲子園」「絆 佐賀のがばいばあちゃんと宮崎のてげなかあちゃん」「がばいばあちゃんの手紙」「がばいばあちゃんお寺へ行こう」「帰ってきたよ、ばあちゃん」「がばいばあちゃん人生ドリル 明日を必ずいい日にする名言」「がばいばあちゃんとがばい先生」「がばいばあちゃんの口ぐせ本当の幸せは目の前にある」「がばいばあちゃん幸せの教え」「がばいばあちゃんの勇気がわく50の言葉」「がばいばあちゃんに学ぶ幸せの知恵袋」「佐賀のがばいばあちゃんのレシピ 島田洋七とおさのばあちゃん」「がばいばあちゃんの贈る言葉」「がばいばあちゃんの幸せのトランク」「がばいばあちゃんの笑顔で生きんしゃい!」などがある。

がばいばあちゃんの名言集

人に気づかれないのが
本当の優しさ、本当の親切。

後ろ向きだと歩きづらい。

(「どうして前向きなのか?」
という質問に対して)

時計が左に回ったら、
壊れたと思って捨てられる。

人間も昔を振り返らず、
前へ前へと進め!

おはよう、と言えたら
すばらしい。

こんにちは、と言えたら
カッコいい。

いただきます、と言えたら
絶好調!

ありがとう、と言えたら
天才だよ。

笑顔できちんと挨拶しろ。
貧乏人が一番やれることは、笑顔だ。

笑っておけば、
周りも楽しそうになる。

今日、明日のことばかり考えるな。
百年二百年先のことを考えろ!

孫や曾孫が五百人くらい出来て、
楽しくてしょうがなか。

2人、3人に嫌われても、
あと地球には60億人いるよ。

「暑い」「寒い」と、
うるさく言うな。

夏は冬に感謝し、
冬は夏に感謝しんしゃい。

通知表は、
0じゃなければええ。

1とか2を足していけば5になる!
「人生は総合力」

人間死ぬまで夢を持て。
その夢が叶わなくても、
しょせん夢やから。

コツコツやってもなぁと思う前に、
コツコツやりなさい。

コツコツやることが当たり前のこと。
コツコツやってることなんて
意識することじゃない。

人がコケたら遠慮せんと笑え。
自分がコケたらもっと笑え。
人はみんな滑稽なもんやから。

世の中、嘘とホラがあるから
おもしろい。

苦痛は幸せになるための
準備体操。

人はまず働け。
働けば、米、味噌、しょうゆ、油、
友達、信頼がついてくる。

人生は思い通りには
いかんから覚悟しとけ。

右にコケ、左にコケ、
コケるから面白い。

聖徳太子も死んだし、徳川家康も死んだ。
うちのじいちゃんも死んだばい。

そして私もいつか死ぬ。
それまでは一生懸命や。

人生は死ぬまでの暇つぶしやから。
暇つぶしには仕事が一番ええ。

私の人生、何だろう?
とか難しく生きるなよ。

そんなこと終わりにしか
わからんばい。

※「地球の名言」では読者の方が読みやすく・わかりやすくするために、一部の名言に当サイト独自の中略(前・後略含む)・翻訳・要約・意訳等を施しています。そのため、他の名言サイト様とは表現が異なる場合がありますのでご了承ください。

スポンサーリンク


関連記事

« / »


▲ページトップへ戻る